samurai とみおかしんご の武者修行

               富岡信吾の告白 〜ありがとう青春〜
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ☆超☆最新完全版!関東一はやっ!☆高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東大会 | main | ありがとうございます!久々に、、、、かなりのアクセス! >>

こうなん祭りにサプライズ!原口元気選手、聖地江南へ!

お足元の悪い中、、、、

こうなん祭りは予定通り開催!

お昼前、元気オヤジより電話が、、、、

オヤジ「やってるの?」と電話が、、、、

原口元気、実家へ帰ってきてるんで、こうなん祭りへ行くとのこと。

元気オヤジさんの粋なはからいから、、、、

本人と待ち合わせ、ピピア前のこうなん祭りを案内する。

小柴実行委員長ほか、役員に挨拶し、、、、

元気「雨だけど、人がすごいね。」

小学校時代、江南の地、江南南でサッカーを学び、、、、原点である聖地江南の隣のピピア前にて、、、、

元気「懐かしいなぁ〜」

祭りをひとまわり、、、、

たくさんの人が、、、、「写真お願いします!」


(知名度も超上がり、、、、こちらも鼻が高い。天狗様の気分だ。)

お子様連れの親子から、地元のおじちゃん、おばちゃん、、、、

江南おじちゃん「でぇ〜っ、いい男だい!浦和もがんばってくんない!応援してるよ!」(訳/わ〜、いい男だね。浦和レッズ頑張ってください。応援しています!)

江南おばちゃん「てぇ〜、スラッ〜っとスマートなんだね。もっとゴッツいんかと思ったい。いい男だ。」
(訳/わ〜、スラッとしてスマートなんですね。もっとゴッツいのかと思っていました。いい男ですね。)

江南おじちゃん「俺んちの娘が、なっからファンなんだい。ねんじゅ〜試合見に行ってんだい。でぇ〜い、来るってわかってりゃ〜娘も来たんに。まあぁ〜写真たのまい。」
(訳/私の娘が、かなりのファンなのです。一年中、試合を見に行ってるのです。あっちゃ〜、来るのがわかっていれば、娘も来たのに。とにかく写真お願いします。)

雨の中、快く写真に応じる原口元気。

江南美女軍団、こうなん農産加工倶楽部のみなさんと・・・・。http://www.city.kumagaya.lg.jp/shisetsu/koukyo/kurashi/tikisyokuzaikyokyu.html



江南おばさま「あれっ?元気君なぁ〜何期生だい?うちのが・・・・」(訳/あれ?元気君は何期生ですか?うちのが・・・・)

江南あんちゃん「俺は、15期生!大澤潤兵と一緒。」

江南おじさま「うちのせがれは、9期生だよ。」

江南おばさま「うちのが、15期生。元気君小っちゃいころ覚えてるよ。その頃からうまかったいね。」

T総帥「さっきの人は、◎期生のお父さん。あそこのは◇期生のお母さん。そんで、あそこにいるのが・・・・」

あまりの江南南サッカー少年団のOB、OB保護者の多さに、原口元気もびっくり。

元気「すごい。江南南サッカー少年団だらけですね。多い!」

そして、江南南サッカー少年団後援会、19期生全日本少年サッカー大会出場時、壮行会などでも超ご協力いただいた1期生のお父様、江南須賀広の「江南のパパ」こと吉田利次さんと!

パパ「あ〜っ!原口元気っ?本人?」(訳/えっ?原口元気?本人?)

T総帥「本人っすよ!」

元気「はい。本人です(笑)」

パパ「てぇ〜っ!」(訳/わぉ〜っ!)



事務局の商工会の松本氏「また、ぜひとも来年も来てください!」

小柴会長「頑張ってください!」

雨の江南、原口元気登場のサプライズに多くの皆様にあたたかいお言葉をいただく。

頑張れ!原口元気!

雨の中、江南までありがとう!

つづく
- | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

信吾君、こうなん祭りのPRから悪天候の中、ご来場頂き感謝しています。

来場された方々に、試合の表情とは違う爽やかな笑顔で応えているサプライズゲスト原口選手の姿を見て、彼を本気で応援しようと思ったよ。

イベントに花を添えてくれて、本当にありがとうございました。
バーニングブラッド | 2012/10/29 5:25 PM
今回のイベントだけでなく、、、、

あなたの努力、私は知っています。

そして、成功のために、口だけでなく、現場で汗を流す人たちも、みんな、あなたの努力を知っています。

かっこいい企画は、誰にでもできます。それを実行できるかは、現場で本気で汗をかける人間がいるかどうかです。

まさに、「事件は、会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ。」です。

バーニングブラッド様はじめ、事務局の皆様の努力とご尽力に最高の敬意を払うとともに、来年も、、、、今後とも宜しくお願いいたします。

SAMURAI

バーニングブラッド様へ | 2012/10/29 10:08 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shingotomioka.jugem.jp/trackback/5206
この記事に対するトラックバック